みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[私立大学教授]生徒の親や就職先からのクレームが多すぎる

      2015/07/03

ペンネームはなしのぶ さん
性別女性
年齢40代
最終学歴国立大学大学院
退職した時期2006/3/1
現在の状況フリーのライターとして去年から働き始めました。
退職した会社または業種教育職
退職前の年収400万円
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由今の教育現場ではモンスターペアレンツに媚びなければやっていけません。
「教育的配慮」との偽善を強いられます。
社会に出たらまともにやっていけない若者を送りだして知らん顔をするしかできない、保身一途な現場で、良心的に応じていて不安障害になって、自殺を考えたから辞めることにしました。

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

私立大学で国語学を教えていました。
毎年担任をし、校務分掌では入試や就職といった外周りの多い部署にいました。担任だと真夜中まで事実上仕事が続き、就職の外周りでは土曜日も出ました。しかも、超過勤務時間の手当ては皆無。就職担当だと、卒業生のことでも、人事担当者から「お宅が送った学生がこんなザマで迷惑してるんだから、詫びに来なさいよ!あんたがその時の担当者かどうかなんて関係無いわよ!」と呼びつけられることもありました。

また、担任では「先生がうちまで迎えに来てくれないから、うちの子は学校に行けなくなったじゃありませんか!もうこんな大学、辞めさせます!」「卒論を丸写しにするなんて大したことじゃないのに、留年なんて酷いじゃないですか!」といった理不尽な苦情も多く、「教育的配慮」との偽善でいい加減な対応を強いられ、教育現場が心底嫌になりました。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

不安障害になって治療に大変時間がかかりました。丸7年間職探しもできない状態でした。退職していなければ自殺していたと思います。退職する1年前には外部の人に自分が教員だとバレたら、何をどう因縁つけられるか分からないと異常なほど怯えてました。

不眠に陥り、でも精神科を受診してみようという気すら起こらないほど追い詰められていた日々でした。

教育現場は閉鎖的で「上にやたらと気を使う」体質です。
ことに私立は人の動きが無いので、定期的に求人の無い大学では40代半ばの年齢になっても「お若い人」扱いでした。嫌な仕事は全部下っ端に押し付けて学長や理事にはいい顔をしたい学部長あたりが威張っていました。理事にも依怙贔屓が強く「お気に入り」以外は絶えずこき下ろす人がいて理不尽な要求ばかりするので、二重にストレスが溜まりました。

大学と言うと社会的にはいい職場かもしれませるが、求人が稀なので、人間関係の歪みが拡張しやすいし、教育現場で今は教育なぞできないので、退職して良かったと思います。とにかく自殺しようという気持ちから脱却できたからです。

退職・転職活動のエピソード

退職してもすぐに自分がメンタル疾患に罹っていたと認識したわけではありませんでした。教育現場は意外なほど教員のメンタルヘルスには無関心です。だから、自分が心を病んでいるとの自覚はありませんでした。

自殺を考えてさすがに「もうやっていられない」と退職を考え、退職を年度末にしたいと上司に告げた時にも、「こいつはおかしいんだ」という対応しかされず、後任が決まるまでは「面倒なことを言って来やがって」という対応をしばしばされました。後任が決まるとゴミを捨てるような感じでした。

退職後、母の認知症受診に付き添った時に私自身不安障害を患っていると指摘され、治療が始まりました。職安に行こうという気力すら湧かず、貯金を取り崩す生活で、お金を使うのが不安で野草で食費を抑える工夫をしたりしました。

これからの展望

ライターの仕事を始め、少し前進できたかなと感じています。家族の介護もあるので、在宅でできる仕事でないとどうしようもないので、今はライティングのスキルをアップさせ、少しでも収入を増やしたいと思っています。教員にだけは絶対に戻りたくありません。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[バスガイド]仕事でもプライベートの時間でも常に勉強

以前はバスガイドをしていました。仕事柄時間も不規則で忙しい時期は本当に寝る時間もありませんでした。しかし、色んな場所に行くことが出来て、沢山の人に出会う事ができるので、本当に自分が頑張った分だけ、感謝 …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[流通]得意先の言いなりになっていて、いい環境じゃなかった

休みが殆ど無くて、ノルマがもの凄くキツかったです。しかも、会社の規模が小さくて、得意先の言いなりになっていた感じでした。酷い時には今から納品に来いと電話が来て夜の9時に納品に行った事が有りました。あま …

cap-taiken
[コンビニ店長]アルバイト確保が難しく休みが全然取れない

コンビニで働くことはとにかく休みが確保出来ません。朝から晩まで毎日働かされている感覚でした。アルバイトの確保がだんだん難しくなってきており、長期連休では平気でみんな休みを取ってしまいます。何よりお店が …

cap-taiken
[テーマパークの管理]頑張っても昇給がなく給料も異常に安い

仕事内容はテーマパーク内の遊具と呼ばれる器具の受付、メンテナンス、雑務です。夏場にはテーマパーク内の草刈りなども行っていました。 勤務時間朝の8時から夕方の6時までとなっていましたが実際には夜10時く …

cap-taiken
[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くこと …

cap-taiken
[倉庫の事務員]片道2時間の通勤で疲労が溜まった

法人向けの機密文書保管倉庫の事務所で働いていました。事務所で事務員として働いている者は自分以外にも3人いましたが、そのうち二人は状況に応じて庫内作業をすることがありました。 自社システムからの依頼を受 …

cap-taiken
[Webクリエーター]残業が多く自分の時間が持てず、フリーランスとして独立

退職して良かった点は以前より仕事のコントロールができるようになり、残業時間が少なくなった事と自分の時間を持てるようになった。以前は一週間仕事ばかりで終わっていたので家に帰っても寝てまた仕事場に行くこと …

cap-taiken
[コールセンター]結婚を機に退職しました

いろいろな企業に変わって電話業務を代行する、コールセンターでスーパーバイザーをしておりました。 支社内だけで、15の企業の代行をしておりましたので。部署の移動掛け持ちをすることも多かったです。 その都 …

cap-taiken
[エンジンパーツの製造]仕事量の減少による解雇予告

自動車等のエンジンパーツの製品加工の作業員として、工場勤務をしていました。 現在の社会で、よく見かける輸送車両等の部品ではない部品加工の作業でした。作業環境は、一流と言われる企業ではなく、零細企業とし …