みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[DTPオペレーター]今よりもっと上を目指したいという向上心がある

      2015/07/12

ペンネームメンマ さん
性別女性
年齢20代
最終学歴デザイン系大学卒
退職した時期2012/9/1
現在の状況デザイン業界に転職
退職した会社または業種印刷業界
退職前の年収200万
その業界への就職どちらでもない
退職した理由体調不良

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

以前の職場は印刷会社でDTPオペレーターとして勤めていました。
少人数の家族経営、小さな会社だったので雰囲気はアットホームでわきあいあいとしていました。自分はそのような雰囲気が割と仕事をしやすかったです。仕事の内容としては名刺や、パンフレット、カレンダー、冊子ものなどの印刷物制作です。

デザイン会社ではなく印刷会社なので印刷が主ですが社内でデザインするお仕事もあったのでその際は色々制作しました。社会人になっての一社目だったので、意欲もあり仕事も楽しくやりがいを感じていました。

業務時間は定時で帰れる事が多く、あまり仕事量も多くはなかったので2時間程度の残業でした。自分のデザインした印刷物が世に出回り多くの人に情報を伝える役目を果たしている事が何よりのやりがいでした。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

体調を崩し、不本意な退職となり、退職直後は辞めたくなかった、という気持ちからなかなか抜け出せず前に進めない苦しい日々がありました。しかし、もっと上へ行きたいという向上心があったので体調を治してからは退職して良かったと思いました。

まず、他の会社へ転職する事で見えなかった世界を見る事が出来ましたし、仕事を辞めまた一から職探しをするという誰もがしたくないような苦労をする事で、人間としても人生経験を積む事が出来た、自分が成長出来る出来事だった、と思えたからです。

それと低迷してゆく業界なのでそこに居座るよりは自分の今後行きてゆく力をもっと身につけた方が良い!という気持ちもあったので退職に後悔はしていません。

退職・転職活動のエピソード

退職時は保険などの手続きが初めてだったので、流れやちょっとめんどくさいという事が分かりました。転職の際は年齢的にまだまだ大丈夫でしたがやはり短期間での退職だったのでそこをどこの会社でも面接時に質問されました。

転職も一回では決まらなかったので落ち込んだので、焦りが募りました。心配性の人は急な事情での退職でない限り、次の仕事を決めてから退職する事が安心だと思います。

これからの展望

結婚出産などによりフルタイムで勤めず、デザインの技術があるので在宅ワークやフリーランスなど、会社勤めに限らない生き方を見つけたいと思っています。個人の技術や個性が光る仕事をしたいです。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[食肉加工会社]チャレンジ精神を発揮すると邪魔者扱いされた

前の会社は、東証一部上場の食肉加工会社でした。職場は、社のシステム(ソフト・ハードの両面)を開発・管理する情報システム部です。小さなプロジェクトは、部の社員が自力で開発し運用していました。規模の大きな …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[旅行会社]お局様のような人と1日中カウンターで仕事

退職した会社での仕事は主にカウンター販売であり、さらにはティッシュ配りなどいろいろなこともしていました。 労働環境はとても悪く、残業が毎日のようにあり、しかし残業代はほとんど出ないといった状況でした。 …

cap-taiken
[システム会社]コンサルティング会社に転職

主に金融機関向けにシステム設計・開発を行う会社で、自分は4年間提案営業を担当していた。顧客折衝が自分の仕事で、注文受注後は顧客と社内SEとの中継役になる。右から聞いたことを分かりやすく左に伝え、左から …

cap-taiken
[旅行業]お酒を飲んでも仕事のことが忘れられず夢にまででてきた

会社の雰囲気は基本的に良いのですが、いわゆる団塊世代の副社長が同じフロアにいて、分煙が当たり前の世の中になっているはずなのに、仕事中に自分のデスクでタバコを吸ったりと、それは臭くて耐えられませんでした …

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[車の営業販売]新車中古車購入、任意保険加入の報酬金で最高10万円

車の営業販売メンテナンスにいたるまで、すべての車業務でした。ちょうど週休2日制が導入される時期で、試験的に隔週土曜日休みにしたり日曜出勤したら代休で月曜日は休みというような感じでした。 勤務時間は残業 …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[バスガイド]仕事でもプライベートの時間でも常に勉強

以前はバスガイドをしていました。仕事柄時間も不規則で忙しい時期は本当に寝る時間もありませんでした。しかし、色んな場所に行くことが出来て、沢山の人に出会う事ができるので、本当に自分が頑張った分だけ、感謝 …