みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

      2015/07/03

ペンネームあっこちゃん さん
性別女性
年齢40代
最終学歴京都大学卒
退職した時期2010/3/1
現在の状況無職(主婦)
退職した会社または業種自由業(ライター)
退職前の年収250万円
その業界への就職どちらでもない
退職した理由人間関係の難しさ

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くことが多かったです。

私は人に会って話したり、文章を書くことが好きだったので、お給料はかなり少なかったのですが、やりがいはすごく感じていました。取材させていただく方は、お店のご主人や学校の先生、スポーツ選手、画家・陶芸家・書家などその道を極めているプロの方など多岐にわたりました。

取材後は、どのように書けば取材した方の意向に添うか、また読者にとってわかりやすい文章とはどういうものかを考えながら書くようにしていました。仕事自体はとても楽しかったです。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

取材して文章を書くという仕事自体はとても好きだったのですが、職場の人間関係が難しく、そのことではとても悩みました。

特に、編集長と副編集長の考え方が異なっており、私たちには違う指示がくるので、どちらに従えばよいのか迷いました。編集長の指示に従うと副編集長から注意を受けるし、その逆の場合もあって、ギスギスした雰囲気の中で過ごしていると、精神的にとても疲れてしまい、限界に近くなりました。

この状態を帰宅してまで引きずっていたので、家庭内も暗くなって子どもたちにも悪影響を与えると思い、退職を決意しました。でも、仕事をやめて家にいると、社会とのつながりが感じられないし、やりがいを感じることも見つけられないでいるので、今は正直何をしていいのかわかりません。

退職・転職活動のエピソード

「退職したい」と申し出ると、編集長も副編集長も、そしてその他のスタッフも止めてくれて、すごく迷いましたが、続けていても同じことの繰り返しだと思い、決意を貫きました。ただ、私をやめさせたくないという点ではみんな一致していたので、皮肉だと思いました。

これからの展望

50代を目前にしているので、これからの就職は難しいかもしれませんが、私にできそうな仕事なら何でもいいので、もう一度仕事をしてみたいという気持ちが強いです。でも、人間関係には疲れているので、その点ではやはり迷うものがあります。家で主婦をしているのも悪くないかなと思う気持ちもあり、揺れています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[不動産業務]パワハラが酷く、吐き気が続いた

主に、不動産物件のウェブ管理と、賃貸物件の内見案内を行っていました。 勤務時間は、朝の9時から夕方5時まででした。休日は物件案内があるので、平日に休みを取っていました。 仕事のやりがいはありませんでし …

cap-taiken
[個人病院の受付]女性特有の妬みや嫌味に耐えられなくなった

メーカー勤務を退職してから転職活動をして、自宅近くの個人病院の受付の仕事を正社員でやる事になりました。受付の仕事ってアルバイトやパートが多いので、かなり好条件だと思って飛びつきました。 仕事の内容はク …

cap-taiken
[コールセンター]結婚を機に退職しました

いろいろな企業に変わって電話業務を代行する、コールセンターでスーパーバイザーをしておりました。 支社内だけで、15の企業の代行をしておりましたので。部署の移動掛け持ちをすることも多かったです。 その都 …

cap-taiken
[人材サービス会社]キャリアアップのために別業界へ転職

キャリア転職の人材サービス会社でインターネット担当をしていました。会社のホームページから転職希望者を募集し、登録してもらうための企画や求人原稿を書く仕事です。 世の中には無数の企業があるので、その企業 …

cap-taiken
[営業]上司の人柄が変化しストレスを感じた

私は写真業界へ現像機や現像液を売り込む営業マンをしていました。 主に既存顧客へのアプローチや新規顧客開拓業務も含めた営業業務です。 営業は各営業所にもよるのでしょうが、所長の人柄によってまったく環境が …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[配置薬の営業]働く気がなく、無職で資格取得のために勉強中

面接の段階で、成績が残せなければやめてもらうと示唆される厳しい仕事でした。職種は営業職で、配置薬の新規開拓と、既存顧客のルート営業になります。また、ルート営業時は、新規の栄養補助関係の商品の提案がメイ …

cap-taiken
[お菓子の販売員]店長からのパワハラに耐えられなくなりました。

お菓子の対面販売、発注などお店の業務全般をしていました。 勤務時間は基本的に8時間でサービス残業はなしでした。残業代はしっかりつきました。ですが時間数制限がありましたので上手くシフトを組んで極力残業は …

cap-taiken
[Webクリエーター]残業が多く自分の時間が持てず、フリーランスとして独立

退職して良かった点は以前より仕事のコントロールができるようになり、残業時間が少なくなった事と自分の時間を持てるようになった。以前は一週間仕事ばかりで終わっていたので家に帰っても寝てまた仕事場に行くこと …

cap-taiken
[事務]コピーとお茶くみの単調作業にやりがいを感じなくなった

最初に就職した会社なのですが、男尊女卑の古い体質の会社で女性がまともに仕事を任せられる事は皆無でした。仕事というのはコピーとお茶くみ程度。後は会議の準備と片付け位でしたね。 勤務時間は朝9時から午後5 …