みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

      2015/07/03

ペンネームあっこちゃん さん
性別女性
年齢40代
最終学歴京都大学卒
退職した時期2010/3/1
現在の状況無職(主婦)
退職した会社または業種自由業(ライター)
退職前の年収250万円
その業界への就職どちらでもない
退職した理由人間関係の難しさ

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くことが多かったです。

私は人に会って話したり、文章を書くことが好きだったので、お給料はかなり少なかったのですが、やりがいはすごく感じていました。取材させていただく方は、お店のご主人や学校の先生、スポーツ選手、画家・陶芸家・書家などその道を極めているプロの方など多岐にわたりました。

取材後は、どのように書けば取材した方の意向に添うか、また読者にとってわかりやすい文章とはどういうものかを考えながら書くようにしていました。仕事自体はとても楽しかったです。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

取材して文章を書くという仕事自体はとても好きだったのですが、職場の人間関係が難しく、そのことではとても悩みました。

特に、編集長と副編集長の考え方が異なっており、私たちには違う指示がくるので、どちらに従えばよいのか迷いました。編集長の指示に従うと副編集長から注意を受けるし、その逆の場合もあって、ギスギスした雰囲気の中で過ごしていると、精神的にとても疲れてしまい、限界に近くなりました。

この状態を帰宅してまで引きずっていたので、家庭内も暗くなって子どもたちにも悪影響を与えると思い、退職を決意しました。でも、仕事をやめて家にいると、社会とのつながりが感じられないし、やりがいを感じることも見つけられないでいるので、今は正直何をしていいのかわかりません。

退職・転職活動のエピソード

「退職したい」と申し出ると、編集長も副編集長も、そしてその他のスタッフも止めてくれて、すごく迷いましたが、続けていても同じことの繰り返しだと思い、決意を貫きました。ただ、私をやめさせたくないという点ではみんな一致していたので、皮肉だと思いました。

これからの展望

50代を目前にしているので、これからの就職は難しいかもしれませんが、私にできそうな仕事なら何でもいいので、もう一度仕事をしてみたいという気持ちが強いです。でも、人間関係には疲れているので、その点ではやはり迷うものがあります。家で主婦をしているのも悪くないかなと思う気持ちもあり、揺れています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[事務]社長からのパワハラ・先輩からのいじめ

従業員15名ほどの小さな印刷会社で働いていました。私は主にお茶出しなどの雑用とデータ入力などの単純作業を担当していました。勤務時間は朝8:00~夜10:00くらいですね。土曜日は第二・第四土曜日は出勤 …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[システムエンジニア]午前帰りは当たり前で給料も安い

システムエンジニアをやってました。仕事はとにかく忙しかったの一言。私は地方就職で、都市部の人からは「地方だったら残業も少なかったんじゃない?」なんて言われますがとんでもない!午前帰りは当たり前、その上 …

cap-taiken
[社会福祉関係]個人事業主として独立しました

社会福祉関係の仕事をしていました。職としてのやりがいはありましたが、職場環境や賃金等に不満があり、入社当初から3年くらい働いたら転職をしようと考えていました。 勤務時間は9時~18時が基本ですが、22 …

cap-taiken
[賃貸マンションの提案営業]成約金額が数千万~数億円

大学卒業後17年強勤めました。賃貸マンションの提案営業で不動産所有者に対して飛込み営業を行ったり、不動産業者や金融機関からの情報を得たりしながら見込み客を探します。見込み客が現れればその場所に応じた建 …

cap-taiken
[事務]コピーとお茶くみの単調作業にやりがいを感じなくなった

最初に就職した会社なのですが、男尊女卑の古い体質の会社で女性がまともに仕事を任せられる事は皆無でした。仕事というのはコピーとお茶くみ程度。後は会議の準備と片付け位でしたね。 勤務時間は朝9時から午後5 …

cap-taiken
[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。 労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅 …

cap-taiken
[エンジンパーツの製造]仕事量の減少による解雇予告

自動車等のエンジンパーツの製品加工の作業員として、工場勤務をしていました。 現在の社会で、よく見かける輸送車両等の部品ではない部品加工の作業でした。作業環境は、一流と言われる企業ではなく、零細企業とし …

cap-taiken
[電話営業]いたずら電話をかけて無駄な時間を過ごしていた

朝から晩まで営業。 電話営業が主体だったので1日200~300人と話す。

cap-taiken
[アパレル]子育てにひと段落したら、また復職したい

小さなアパレル会社で主に広報の仕事をしていました。 広報として会社のホームページの文章を書いてアップしたり、雑誌などに取り上げられるように自社のブランドのアピールポイントや宣伝文をPRしたりと幅広い意 …