みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[事務]刺激のない平凡な毎日でやりがいを感じない

      2015/07/17

ペンネームちょっと後悔しているママ さん
性別女性
年齢40代
最終学歴高卒
退職した時期1991/2/1
現在の状況専業主婦
退職した会社または業種一般事務
退職前の年収300万
その業界への就職オススメできる!
退職した理由平凡で、やりがいを感じなかった為

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

仕事内容は、タイピング、事務所の管理、コピー、コンピュターでの書類の作成などをしていました。仕事は、8時間、残業はほぼなしでした、もし残業をしていたら係長から帰りましょうと言われていました。

私自身やり始めた仕事は最後までしたいスタイルなのですが、残業費のせいなのかほとんど残業をしたくてもさせてもらえませんでした。
仕事自体、簡単で入社して覚えたらほぼ、それからは同じ内容を反復する感じでした。

コンピューターも基本を出来れば、それほど難しい内容はなく、文字を打ったり図形を作成したりと誰にでも出来るのではないかと思うような仕事をしていました。
人間関係も大変でなく、みな親切で仲の良い会社でしたが、平凡なので、転職したり専門学校に通いだしたりした女性の先輩もいました。

退職してよかったと思いますか?

辞めて失敗した

その理由を教えてください

休日も多いし、仕事もたいへんでなく、それなりの給料もいただいていたのですが、男性たちの多い職場で、お茶くみなども多く、自分の存在がとても小さく見えて、 自分の実力を発揮出来てやり甲斐のある職場を探して転職したいと思いました。

知人の紹介で、他の会社に勤め私が手がけるプロジェクトなどがあって、やり甲斐という点ではよかったかもしれませんが、精神的なストレスが結構ありました。以前の会社だと、休みの日に、絵画を習いに行ったり遊んだりと余裕のある生活をしていたのですが転職して頭の中が仕事一色になってしまいました。

どちらを選ぶのかは自分にかかっているのですが、実際経験してみて余暇を楽しめる生活が本当に有り難い生活だったことを感じます。少々平凡でも、安定して、余裕のある生活に満足すべきです

退職・転職活動のエピソード

転職は知り合いの紹介で簡単に出来ました。

退職の時は、正直な話が出来なくて、引越しを理由にしましたが、責任者の方がとても気に入ってくださっていて、自分の家に一部屋余っている部屋があるので、その部屋を使っていいから、会社に留まるよう説得されました。 とても良くしてくださったのに、辞めて申し訳ない思いもあります。

これからの展望

いちおう会社はすべて辞めましたが、新しい仕事でもあれば、やっていきたいと思っています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[電機メーカー]やりがいがあり楽しかったが主人の転勤のため退職

働いていた会社は一言でいえば私には合っていました。何故なら、言いたいことは上司にも社長にすらも直接言うことができたからです。 やっていた仕事と言うのは、ディーラーさんから来る注文の注文書を作ったり、そ …

cap-taiken
[製造業]独立してラーメン店を開業するために修行中

退職した会社での仕事は、製造業でライン作業をしていました。内容的には、樹脂を溶かしてフィルムに貼る仕事です。 ライン作業なのできっちりと機械のように同じ動きの繰り返しを毎日続けていました。しかも、24 …

cap-taiken
[電話営業]いたずら電話をかけて無駄な時間を過ごしていた

朝から晩まで営業。 電話営業が主体だったので1日200~300人と話す。

cap-taiken
[テーマパークの管理]頑張っても昇給がなく給料も異常に安い

仕事内容はテーマパーク内の遊具と呼ばれる器具の受付、メンテナンス、雑務です。夏場にはテーマパーク内の草刈りなども行っていました。 勤務時間朝の8時から夕方の6時までとなっていましたが実際には夜10時く …

cap-taiken
[人材サービス会社]キャリアアップのために別業界へ転職

キャリア転職の人材サービス会社でインターネット担当をしていました。会社のホームページから転職希望者を募集し、登録してもらうための企画や求人原稿を書く仕事です。 世の中には無数の企業があるので、その企業 …

cap-taiken
[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。 仕事内容は、消火 …

cap-taiken
[ホームセンター勤務]ノウハウを生かし、将来はIT関連の職に就きたい

私が従事した職場は、基本的にホームセンターの日用品コーナーの売り場です。私が働いていたホームセンターの店内は、多くの商品を取り揃えていて、様々な商品が展示してある事で広々とした空間で働ける環境でした。 …

cap-taiken
[婚活アドバイザー]常に仕事の焦りとプレッシャーを感じた

本社ではなく、支社だったので、その地方全体を統括する立場でした。統括するといっても、その地方で1人の社員だったので細かい作業から大掛かりなイベント、パート・アルバイトのことなど、全てのその地方の業務を …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[アパレル]子育てにひと段落したら、また復職したい

小さなアパレル会社で主に広報の仕事をしていました。 広報として会社のホームページの文章を書いてアップしたり、雑誌などに取り上げられるように自社のブランドのアピールポイントや宣伝文をPRしたりと幅広い意 …