みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[車の営業販売]新車中古車購入、任意保険加入の報酬金で最高10万円

      2015/07/13

ペンネームキキ さん
性別男性
年齢20代
最終学歴大学卒
退職した時期1997/5/1
現在の状況公務員に転職
退職した会社または業種車業界
退職前の年収400万円
その業界への就職オススメできる!
退職した理由毎月の目標の台数がプレッシャーになったからです。

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

車の営業販売メンテナンスにいたるまで、すべての車業務でした。ちょうど週休2日制が導入される時期で、試験的に隔週土曜日休みにしたり日曜出勤したら代休で月曜日は休みというような感じでした。

勤務時間は残業を含めなければ普通の会社員とおなじでした。仕事のやりがいに関してはかなり高いものがありました。新車を販売していたので、お客さんにとても喜んでもらえて自分もその顔を見て満足するという形でした。

給料は当時の大卒新規採用では高いほうでした。新車中古車、さらに任意保険を販売するとプラスアルファで報奨金がもらえるので、一番の最高額は給料以外に100000円もらいました。さらにキャンペーンのときに台数を販売するとまた追加でもらえたので、いい時代だったのかもしれません。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

今振り返るといい会社でした。営業のノウハウを厳しく教えたもらった当時の上司に感謝しています。

直属の上司のときはイヤな上司だと思っていましたが、いざ会社を離れてからはその上司から学んだことがたくさんありました。あいさつの仕方から手紙の出し方、お客さんのお宅を訪問したときの話のはこびかたやアプローチからクロージング、さらには契約にいたるまでのすべてのはこびを丁寧に教えてもらっていたことを思い出しました。

もしかしたら離れたからそう思うのかもしれませんが、私の仕事人生のなかの核となったことは事実で、それは年数が経過した今でも時々思い出します。あのときは不良営業マンとか冗談交じりに言われていたのもいい思い出です。

退職・転職活動のエピソード

退職願いをまず課長に出しましたが、すぐに呼び出しをうけ叱られるかと思いましたが、課長はじっくりと話を聞いてくれて、これから何がしたいのか、もうすでに就職先は決まっているのか、さらに本当に大丈夫なのかと逆に心配してくれました。

私がすでに決まっていることを伝えると、あなたの人生だから悔いがないように転職しなさいといってくれたのが意外だと思いました。

それから課長が部長に提出すると部長からも呼び出しがありました。部長は1週間俺があずかるから、まだその間じっくり考えなさい、君が新車部に合わないというなら中古車部に部署かえしてもいいから自分でよく考えなさいといってくれたのはうれしかったです。さらに退職のときは送別会までひらいてくれました。

これからの展望

今までの出会いを大切にときどき思い出すようにして、自分の仕事の初心を作ってくれた上司たちに恥じないような仕事を続けていきたいです。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[電機業界での営業]安定した医療業界に転職

電機業界での営業として働いていました。主な内容は工場などに足を運び機械設備などの部品の注文を取ってきたり、大きな話であれば設備製作ごと取ってくるような仕事でした。 もともと付き合いのあるお客様を先輩か …

cap-taiken
[コンビニ店長]アルバイト確保が難しく休みが全然取れない

コンビニで働くことはとにかく休みが確保出来ません。朝から晩まで毎日働かされている感覚でした。アルバイトの確保がだんだん難しくなってきており、長期連休では平気でみんな休みを取ってしまいます。何よりお店が …

cap-taiken
[研究職]業績が悪化、給料がベースダウンしボーナスも無し

時計メーカーで研究職をしていました。 同期が10人ぐらいでしたが東証2部に上場していたので大手の会社でした。勤務時間は朝9時始まりで定時5時でしたが、残業はあまりしなかったです。物理を専攻していたので …

cap-taiken
[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。 労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅 …

cap-taiken
[婚活アドバイザー]常に仕事の焦りとプレッシャーを感じた

本社ではなく、支社だったので、その地方全体を統括する立場でした。統括するといっても、その地方で1人の社員だったので細かい作業から大掛かりなイベント、パート・アルバイトのことなど、全てのその地方の業務を …

cap-taiken
[不動産業務]パワハラが酷く、吐き気が続いた

主に、不動産物件のウェブ管理と、賃貸物件の内見案内を行っていました。 勤務時間は、朝の9時から夕方5時まででした。休日は物件案内があるので、平日に休みを取っていました。 仕事のやりがいはありませんでし …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[外資系証券会社に勤務]仕事のやりがいはありますが複雑な人間関係

退職を決める前は、複雑な人間関係と膨大な仕事量のために精神的にかなり参ってしまい体重が10キロ以上落ちてしまい鬱病になる一歩手前の状態でした。夜もあまり眠れず身体が常にだるい状態が長期に渡って続いてい …

cap-taiken
[病院の受付]体調があまり良くなかった、結婚がきまっていた

勤務時間は、朝8時15分から17時15分の8時間勤務でした。 仕事内容としては、総合病院の外来クラークとして、内科の受付を担当していました。内科に受診される患者さんの受付から、カルテ準備、呼び出し、案 …