みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[電機メーカー]やりがいがあり楽しかったが主人の転勤のため退職

      2015/07/17

ペンネームR13 さん
性別女性
年齢30代
最終学歴短大卒
退職した時期2011/11/1
現在の状況専業主婦
退職した会社または業種(電気)メーカー
退職前の年収400万円
その業界への就職オススメできる!
退職した理由主人の転勤

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

働いていた会社は一言でいえば私には合っていました。何故なら、言いたいことは上司にも社長にすらも直接言うことができたからです。

やっていた仕事と言うのは、ディーラーさんから来る注文の注文書を作ったり、それを倉庫に行って出荷してもらい、最終的にはそれらのインボイスを発行したりしていました。ですから、経理と発注管理の処理をしていた感じです。ディーラーさんとのやりとりは外国語を使ってだったので、自分の特技を発揮できてすごく楽しかったですし、やりがいがありました。

勤務時間は9時~18時で、お昼休みは1時間で、隔週で13時からか14時からのお昼休みを同じ部署の人達の中で交代に取るようにしていました。残業はほとんどありませんでした。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

退職した理由が仕方のない理由だったので、たしかに仕事は続けたかったのですが、どうしても続けられるような状態ではなかったので、退職したくはなかったのですが、退職して自分の人生にとって悪かったことはないので、退職したことが良かったとも言えます。

ただ、もし主人の転勤がなかったら、今でもまだ前の会社で間違いなく働いていたはずです。
そのくらい好きでしたし、やりがいを感じていました。

会社の雰囲気も良かったので、居心地が良かったのもありますが、それより何より、お客さんであるディーラーさんも私の同僚や上司もよく私のことを理解してくれる人たちだったので、すごく仕事がやりやすかったから退職はしたくありませんでしたが、後悔はしていません。

退職・転職活動のエピソード

どうやら社長が私の仕事ぶりに期待をしてくれていたらしく、どうしても退職しなければいけない理由を伝えた後、気分やの社長は私を無視し始めました。でも、最後は仲良く終わりました。

これからの展望

起業をしたいと思っています。ただ、まだどんな分野でやっていくかはきまっていないので、これからじっくり考えてやりたいと思います。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[事務]社長からのパワハラ・先輩からのいじめ

従業員15名ほどの小さな印刷会社で働いていました。私は主にお茶出しなどの雑用とデータ入力などの単純作業を担当していました。勤務時間は朝8:00~夜10:00くらいですね。土曜日は第二・第四土曜日は出勤 …

cap-taiken
[化粧品会社の企画職]新規事業企画で年収1200万円

役職は取締役部長です。事業推進は私自身、不本意でしたが、私の下の人間に社長が直で指示を出して全権を任せていましたので、私の仕事は管理、財務、人事、法務などでした。 正直言って自分が考えて提案した事業で …

cap-taiken
[私立大学教授]生徒の親や就職先からのクレームが多すぎる

私立大学で国語学を教えていました。 毎年担任をし、校務分掌では入試や就職といった外周りの多い部署にいました。担任だと真夜中まで事実上仕事が続き、就職の外周りでは土曜日も出ました。しかも、超過勤務時間の …

cap-taiken
[旅行会社]お局様のような人と1日中カウンターで仕事

退職した会社での仕事は主にカウンター販売であり、さらにはティッシュ配りなどいろいろなこともしていました。 労働環境はとても悪く、残業が毎日のようにあり、しかし残業代はほとんど出ないといった状況でした。 …

cap-taiken
[病院の受付]体調があまり良くなかった、結婚がきまっていた

勤務時間は、朝8時15分から17時15分の8時間勤務でした。 仕事内容としては、総合病院の外来クラークとして、内科の受付を担当していました。内科に受診される患者さんの受付から、カルテ準備、呼び出し、案 …

cap-taiken
[システム会社]コンサルティング会社に転職

主に金融機関向けにシステム設計・開発を行う会社で、自分は4年間提案営業を担当していた。顧客折衝が自分の仕事で、注文受注後は顧客と社内SEとの中継役になる。右から聞いたことを分かりやすく左に伝え、左から …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[通信販売事業の社長]親会社が見当違いの介入ばかりして嫌気がさした

大手の産業機器系の会社に入社し、その子会社(通信販売事業)に社長として出向しました。 仕事自体は社長でしたので、事業運営全般で、販売促進から宣伝広告、コールセンターの運用、商品の開発、通信販売システム …

cap-taiken
[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。 仕事内容は、消火 …

cap-taiken
[事務]コピーとお茶くみの単調作業にやりがいを感じなくなった

最初に就職した会社なのですが、男尊女卑の古い体質の会社で女性がまともに仕事を任せられる事は皆無でした。仕事というのはコピーとお茶くみ程度。後は会議の準備と片付け位でしたね。 勤務時間は朝9時から午後5 …