みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[賃貸マンションの提案営業]成約金額が数千万~数億円

      2015/07/13

ペンネームZakk さん
性別男性
年齢40代
最終学歴兵庫県立大学卒
退職した時期2004/7/1
現在の状況教育機関での学生への就職支援業務
退職した会社または業種建築会社での営業
退職前の年収500万円強
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由関連会社への強制的な出向を受けて将来に不安を感じて退職しました

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

大学卒業後17年強勤めました。賃貸マンションの提案営業で不動産所有者に対して飛込み営業を行ったり、不動産業者や金融機関からの情報を得たりしながら見込み客を探します。見込み客が現れればその場所に応じた建築プランや節税効果をアピールした提案書を作成し営業を展開します。

大手の会社だったので比較的情報は得易かったと思いますが、それでも競合他社は多く毎月成約につなげることはほぼ不可能でした。主な活動時間帯が夕方以降になるので退社時間も遅くなりがちでしたし、また世間の休日中にイベントを行うことも多かったので休みは少なかったように思います。

ただ成約金額が数千万~数億円になることと、営業の成果が建築物として残るので、やりがいという面では今まで経験した仕事の中では一番大きいと思います。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

退職して良かった面と悪かった面が混在している現状だからです。

仕事内容的には就職以来「本当にこれがやりたい仕事なのだろうか」とずっと自問自答しながら続けていたので、辞めた後にそうした葛藤やノルマに対するプレッシャーから解放されたことは良かったと思います。その後はノルマのきつくない仕事に就いて来ましたし、時間的にもゆとりを持って出来るので楽しく仕事が出来ています。

その反面給与的には転職後だんだん下がっているので、あのまま続けていたらと考えることもあります。実際同期でまだ在職いている者とは倍近い年収差になっているからです。特に子どもがまだ小さいうちに転職をしたので成長とともに給与が下がる状況になり家族に苦労をかけているという後ろめたさは大きいものがあります。

退職・転職活動のエピソード

退職直前は営業成績も芳しくなく、あれほど「辞めてしまえ!」的な発言を繰り返していた上司が、いざ退職願を申し出ると形式だけの引き留めを行い、それでも辞める意思を伝えると「そうか、そこまでお前が辞めたいなら仕方ない」と言ったのには驚きました。自分の管理責任を逃れるためならそこまでするかという印象で、軽い人間不信にもなりました。

これからの展望

長年の営業経験からコンサルティング力が養われたと思っているので、これをより一層活かして現在行っている就職支援業務を拡充していきたいと考えています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くこと …

cap-taiken
[テーマパークの管理]頑張っても昇給がなく給料も異常に安い

仕事内容はテーマパーク内の遊具と呼ばれる器具の受付、メンテナンス、雑務です。夏場にはテーマパーク内の草刈りなども行っていました。 勤務時間朝の8時から夕方の6時までとなっていましたが実際には夜10時く …

cap-taiken
[研究職]業績が悪化、給料がベースダウンしボーナスも無し

時計メーカーで研究職をしていました。 同期が10人ぐらいでしたが東証2部に上場していたので大手の会社でした。勤務時間は朝9時始まりで定時5時でしたが、残業はあまりしなかったです。物理を専攻していたので …

cap-taiken
[塗装]完全日給に不安を感じ、月給の飲食店に転職

高校卒業と同時に塗装関係の仕事をしました。朝8時から夕方は現場によってバラバラでした。 仕事内容は店舗内の塗装工事やお客さんの自宅の外装塗装でした。入ってすぐは塗ることはさせてもらわれず職人さんの雑用 …

cap-taiken
[DTPオペレーター]今よりもっと上を目指したいという向上心がある

以前の職場は印刷会社でDTPオペレーターとして勤めていました。 少人数の家族経営、小さな会社だったので雰囲気はアットホームでわきあいあいとしていました。自分はそのような雰囲気が割と仕事をしやすかったで …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[ホームセンター勤務]ノウハウを生かし、将来はIT関連の職に就きたい

私が従事した職場は、基本的にホームセンターの日用品コーナーの売り場です。私が働いていたホームセンターの店内は、多くの商品を取り揃えていて、様々な商品が展示してある事で広々とした空間で働ける環境でした。 …

cap-taiken
[営業職]飲み会の参加を強制され上司とトラブルを起こした

業務そのものに対しての不満は特にありませんでしたが、ノルマが重たく、会社自体に人材育成に時間をかける余裕が無い点が大きく影響し、このような判断になっています。 この業界の離職率は非常に高く、長時間勤務 …

cap-taiken
[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。 仕事内容は、消火 …