みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[営業]上司の人柄が変化しストレスを感じた

      2015/07/13

ペンネームNEYU さん
性別男性
年齢30代
最終学歴大学卒
退職した時期2012/3/1
現在の状況無職(在宅で少額ながら内職)
退職した会社または業種メーカー営業
退職前の年収200万円
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由営業所の風通し・雰囲気・人間関係が悪かった

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

私は写真業界へ現像機や現像液を売り込む営業マンをしていました。 主に既存顧客へのアプローチや新規顧客開拓業務も含めた営業業務です。

営業は各営業所にもよるのでしょうが、所長の人柄によってまったく環境が違ってきます。特に私の在籍していた営業所は、営業チームの連携が取れておらず、社風として上司が新人を育てるという風土が育っておらず、とにかく入ってきた新人に基本だけ教えたら後は外に放り出すといった環境でした。

特に写真業界はここ数年、減少の一途をたどっており、在籍していた会社も中堅どころであったため、既存の製品を使っている顧客からの乗り換えをお願いするのは至難の業であり、それに伴い、所内の環境が最悪だったため、退職をしました。


仕事のやりがいはあると思います。営業は数字を出すことが最優先なため、これはどの業界でもそうなのですが、勝負の世界を楽しめる人でなければ難しいのではないかと思われます。私は入社前の所長や上司の人柄が温和そうだったので、風通しが良いと思い入社しましたが、入社後すぐに人柄が変化したため、長く居るべき場所ではないと感じました。

くり返しますが、勝負の世界を楽しみ、数字を出してやると張り切ることが出来るタイプの方ならそれほど過酷な業界ではありません。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

退職前、私は追い詰められていました。常に数字を出すことを求められ、ギリギリの生活を強いられていました。

毎朝、極端な表現ではありますが、精神的に最悪の状態で出社し、布団から起き上がれなくなったことが何度かありました。精神的にどんどん疲弊していき、このままでは身体的・精神的に持たないと考えたため、退職しました。

退職後は病院に通いながら少しずつ精神を回復させていきました。しかし完治までには2年近くかかったため、結果的に周囲から取り残された状況となりました。

収入は減りましたが、現在は自分の好きなことでお金を稼げていますし、人間関係もないので非常にゆったりした状況で生活できており、自分自身、とても満足しています。

退職・転職活動のエピソード

私は退職前、上司に休職願を申し出て休職をしました。休職後3ヶ月経ったころ、上司から電話があり、「この業界はお前には向いていないと思うから、退職を考えたほうが良いんじゃないか」と退職勧告をされました。

大手の会社では産業医が在籍しており、休職中の人間には直属の上司から電話してはいけない、退職勧告をしてはいけないなどの決まりがあるのですが、そういったことも守られていない社風に驚きました。

後に知ったことですが、この会社は労働基準局から何度も注意を受けている会社だということを知りました。それにも関わらず同様のことを続けている会社に驚き、幻滅しました。

これからの展望

これからは自分自身の体調・精神的なものと相談しながらできることをやっていくという方法で仕事をしていきたいと思っています。

前職は正社員でしたが、正社員ではなくアルバイトなどをしながらでも良いので自分らしく生きられる職場、自分のやりたいこと、好きなことをし、収入は低くてもやりがいのある仕事を少しずつやっていくということをしたいと思っています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。 労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅 …

cap-taiken
[介護福祉]給料が低いため生命保険営業に転職

福祉施設での生活相談員。

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[旅行業]お酒を飲んでも仕事のことが忘れられず夢にまででてきた

会社の雰囲気は基本的に良いのですが、いわゆる団塊世代の副社長が同じフロアにいて、分煙が当たり前の世の中になっているはずなのに、仕事中に自分のデスクでタバコを吸ったりと、それは臭くて耐えられませんでした …

cap-taiken
[製造業]独立してラーメン店を開業するために修行中

退職した会社での仕事は、製造業でライン作業をしていました。内容的には、樹脂を溶かしてフィルムに貼る仕事です。 ライン作業なのできっちりと機械のように同じ動きの繰り返しを毎日続けていました。しかも、24 …

cap-taiken
[塗装]完全日給に不安を感じ、月給の飲食店に転職

高校卒業と同時に塗装関係の仕事をしました。朝8時から夕方は現場によってバラバラでした。 仕事内容は店舗内の塗装工事やお客さんの自宅の外装塗装でした。入ってすぐは塗ることはさせてもらわれず職人さんの雑用 …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[コールセンター]結婚を機に退職しました

いろいろな企業に変わって電話業務を代行する、コールセンターでスーパーバイザーをしておりました。 支社内だけで、15の企業の代行をしておりましたので。部署の移動掛け持ちをすることも多かったです。 その都 …

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[アパレル]子育てにひと段落したら、また復職したい

小さなアパレル会社で主に広報の仕事をしていました。 広報として会社のホームページの文章を書いてアップしたり、雑誌などに取り上げられるように自社のブランドのアピールポイントや宣伝文をPRしたりと幅広い意 …