みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[エンジンパーツの製造]仕事量の減少による解雇予告

      2015/07/13

ペンネーム心の自由人 さん
性別男性
年齢40代
最終学歴県立工業高校
退職した時期2014年2月末
現在の状況昨年12月の下旬、会社から会社業績不振により解雇予告
退職した会社または業種製造業
退職前の年収310万円
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由会社業績不振による解雇

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

自動車等のエンジンパーツの製品加工の作業員として、工場勤務をしていました。

現在の社会で、よく見かける輸送車両等の部品ではない部品加工の作業でした。作業環境は、一流と言われる企業ではなく、零細企業としては、ごく普通の作業環境でした。仕事的には、定期的に加工作業する部品は、変化があるものの普段から工場内で流れている品物でした。

作業工程を作る作業者がいて、加工作業が終了すると、次の加工作業が出来る様に、工程を作り変えるといった作業環境の継続性のあるものでした。仕事のやりがいは、世の中の輸送車等の部品に加工している品物が使用されているのだから、不良品を市場に出荷しない様に心がけていました。以外と神経を使う仕事でしたので、やりがいはある方でした。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

まだ、雇用期間が後2ヶ月あり、次の仕事に就いておらず、具体的にはまだ書けません。

現在、勤めている会社の社長の経営判断の甘さがある様に思えましたが、いち従業員としては、口出しする訳にもいきませんし、賃金を支払って下さる社長の耳には痛い事ばかりになるだろうと思い、あまり差し出がましい発言をしませんでした。入社して2年ぐらいの何も分からない従業員でしたから言わなくて良かったんだろうと思っています。

作業をしていましたが、日に日に加工する部品が減っていき、大丈夫だろうか?と思っていましたが、予想は的中しました。仕事としては、支給される材料を単純に加工するといった人任せによるところが多分にある仕事であったと思います。

退職・転職活動のエピソード

就職当初、工場の敷地にある原材料を見て、はて?何をどれだけ仕事している?のか不安混じりに作業に入りました。今時、こんな少ない仕事で経営は大丈夫であろうか?と疑問を持ちました。その後も、色々と驚く事がありましたが、書ききれません。

これからの展望

今後は、もっと社会の為に役立っている仕事に就いて、体を動かして働きたいと考えています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[金融業界の営業]お客様に恵まれ、働きやすい職場でした

金融業界で、営業職でした。朝は7時30頃には机について、日経新聞を読んでいました。 取引が9時からスタートするので、それに合わせて、打ち合わせも8時過ぎには行っていました。 新入社員当時は、やりがいも …

cap-taiken
[旅行業]お酒を飲んでも仕事のことが忘れられず夢にまででてきた

会社の雰囲気は基本的に良いのですが、いわゆる団塊世代の副社長が同じフロアにいて、分煙が当たり前の世の中になっているはずなのに、仕事中に自分のデスクでタバコを吸ったりと、それは臭くて耐えられませんでした …

cap-taiken
[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。 労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅 …

cap-taiken
[営業]上司の人柄が変化しストレスを感じた

私は写真業界へ現像機や現像液を売り込む営業マンをしていました。 主に既存顧客へのアプローチや新規顧客開拓業務も含めた営業業務です。 営業は各営業所にもよるのでしょうが、所長の人柄によってまったく環境が …

cap-taiken
[バスガイド]仕事でもプライベートの時間でも常に勉強

以前はバスガイドをしていました。仕事柄時間も不規則で忙しい時期は本当に寝る時間もありませんでした。しかし、色んな場所に行くことが出来て、沢山の人に出会う事ができるので、本当に自分が頑張った分だけ、感謝 …

cap-taiken
[Webクリエーター]残業が多く自分の時間が持てず、フリーランスとして独立

退職して良かった点は以前より仕事のコントロールができるようになり、残業時間が少なくなった事と自分の時間を持てるようになった。以前は一週間仕事ばかりで終わっていたので家に帰っても寝てまた仕事場に行くこと …

cap-taiken
[フリーペーパー制作]ハードワークで家庭が崩壊寸前

前職はフリーペーパーの企画、制作をしていた会社でとにかくハードワーク。 広告の営業をし、紙面の企画を行い、そして発行の管理を行う。当然締め切りがあるので、締め切りまでに業務を完結させなければならない状 …

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[旅行会社]お局様のような人と1日中カウンターで仕事

退職した会社での仕事は主にカウンター販売であり、さらにはティッシュ配りなどいろいろなこともしていました。 労働環境はとても悪く、残業が毎日のようにあり、しかし残業代はほとんど出ないといった状況でした。 …

cap-taiken
[私立大学教授]生徒の親や就職先からのクレームが多すぎる

私立大学で国語学を教えていました。 毎年担任をし、校務分掌では入試や就職といった外周りの多い部署にいました。担任だと真夜中まで事実上仕事が続き、就職の外周りでは土曜日も出ました。しかも、超過勤務時間の …