みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

      2015/07/11

ペンネームにだお さん
性別男性
年齢20代
最終学歴大学院卒
退職した時期2010年
現在の状況様々な業界に転職した結果、現在無職。
退職した会社または業種労働者派遣事業
退職前の年収350万円
その業界への就職どちらでもない
退職した理由残業が多くなり、派遣社員と事業主のクレーム対応に疲労し退職しました。

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。

労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅くまでルート営業する事になる事が多々あります。休日においても、派遣先事業への派遣日時が優先される為、実質曜日による休日の指定はできません。ですが、休日日数そのものは確保される傾向にあります。

仕事のやりがいについては、優秀な派遣社員を派遣した際に、クライアントである派遣先事業主及び、担当責任者から感謝の言葉を頂いた時に尽きます。また、派遣社員より職業紹介について感謝された時なども、人と人の希望を繋ぐ仕事であると高い次元での達成感を得る事ができます。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

派遣社員と派遣先事業主の関係がうまくいっている時は、この仕事はとてもスムーズに進みます。
私は、折角労働派遣先の新規開拓に成功したのですが、労働契約問題などで派遣社員が急に退職するなどを繰り返してしまった為、クライアントとの信頼関係がうまくいかなくなり、派遣社員の受け入れ枠が減少してしまいました。その後、社長から叱責が続き、営業成績は未達が続きます。そして、直接蚕宣言されたわけではないにしろ、解雇を示唆される言動を受けたため、退職を決意しました。

すぐに決意した理由の一つに、精神的な疲労が挙げられます。営業職はどの仕事においても、成績により浮沈が決定する為、シビアな現実だと思いつつも、退職後の開放感に浸りたいという願望が強かったです。退職後は、労働から解放されたという思いで一杯でしたので、やはり退職して良かったと考えています。

退職・転職活動のエピソード

この業務を転職後、賃貸営業職などに再転職したのですが、営業ノルマ未達の場合でもこの業界は他の業界に比べて長い目では見てもらえます。退職して後悔した点はその一転につきます。
その後の営業職はいずれもすぐにでも結果を出すよう迫られた為、非常に苦労しました。

これからの展望

当面は無職のまま自己研鑽に努めたいと考えています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[電気機器メーカー]給料カットのため大手通信会社に転職

ビデオカメラの製造。景気回復の波に乗れず元々安かった給料は更にカット!土日の出勤も多く、いずれリストラが行われることは十分予想できたため在職中に転職活動をし、去年の12月で辞めました。

cap-taiken
[お菓子の販売員]店長からのパワハラに耐えられなくなりました。

お菓子の対面販売、発注などお店の業務全般をしていました。 勤務時間は基本的に8時間でサービス残業はなしでした。残業代はしっかりつきました。ですが時間数制限がありましたので上手くシフトを組んで極力残業は …

cap-taiken
[介護福祉]給料が低いため生命保険営業に転職

福祉施設での生活相談員。

cap-taiken
[化粧品会社の企画職]新規事業企画で年収1200万円

役職は取締役部長です。事業推進は私自身、不本意でしたが、私の下の人間に社長が直で指示を出して全権を任せていましたので、私の仕事は管理、財務、人事、法務などでした。 正直言って自分が考えて提案した事業で …

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。 仕事内容は、消火 …

cap-taiken
[Webクリエーター]残業が多く自分の時間が持てず、フリーランスとして独立

退職して良かった点は以前より仕事のコントロールができるようになり、残業時間が少なくなった事と自分の時間を持てるようになった。以前は一週間仕事ばかりで終わっていたので家に帰っても寝てまた仕事場に行くこと …

cap-taiken
[食肉加工会社]チャレンジ精神を発揮すると邪魔者扱いされた

前の会社は、東証一部上場の食肉加工会社でした。職場は、社のシステム(ソフト・ハードの両面)を開発・管理する情報システム部です。小さなプロジェクトは、部の社員が自力で開発し運用していました。規模の大きな …

cap-taiken
[看護助手]患者様との別れが多く、介護をする自信がもてない

看護師の指示のもと、患者様のケアをします。 食事の配膳、食事介助、入浴介助、下の世話が中心です。 他には容態が悪くなった患者様のお部屋の移動等も行ったり、検査が必要な患者様の検査室への案内、ベッドへの …