みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

      2015/07/11

ペンネームにだお さん
性別男性
年齢20代
最終学歴大学院卒
退職した時期2010年
現在の状況様々な業界に転職した結果、現在無職。
退職した会社または業種労働者派遣事業
退職前の年収350万円
その業界への就職どちらでもない
退職した理由残業が多くなり、派遣社員と事業主のクレーム対応に疲労し退職しました。

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。

労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅くまでルート営業する事になる事が多々あります。休日においても、派遣先事業への派遣日時が優先される為、実質曜日による休日の指定はできません。ですが、休日日数そのものは確保される傾向にあります。

仕事のやりがいについては、優秀な派遣社員を派遣した際に、クライアントである派遣先事業主及び、担当責任者から感謝の言葉を頂いた時に尽きます。また、派遣社員より職業紹介について感謝された時なども、人と人の希望を繋ぐ仕事であると高い次元での達成感を得る事ができます。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

派遣社員と派遣先事業主の関係がうまくいっている時は、この仕事はとてもスムーズに進みます。
私は、折角労働派遣先の新規開拓に成功したのですが、労働契約問題などで派遣社員が急に退職するなどを繰り返してしまった為、クライアントとの信頼関係がうまくいかなくなり、派遣社員の受け入れ枠が減少してしまいました。その後、社長から叱責が続き、営業成績は未達が続きます。そして、直接蚕宣言されたわけではないにしろ、解雇を示唆される言動を受けたため、退職を決意しました。

すぐに決意した理由の一つに、精神的な疲労が挙げられます。営業職はどの仕事においても、成績により浮沈が決定する為、シビアな現実だと思いつつも、退職後の開放感に浸りたいという願望が強かったです。退職後は、労働から解放されたという思いで一杯でしたので、やはり退職して良かったと考えています。

退職・転職活動のエピソード

この業務を転職後、賃貸営業職などに再転職したのですが、営業ノルマ未達の場合でもこの業界は他の業界に比べて長い目では見てもらえます。退職して後悔した点はその一転につきます。
その後の営業職はいずれもすぐにでも結果を出すよう迫られた為、非常に苦労しました。

これからの展望

当面は無職のまま自己研鑽に努めたいと考えています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[コンビニ店長]アルバイト確保が難しく休みが全然取れない

コンビニで働くことはとにかく休みが確保出来ません。朝から晩まで毎日働かされている感覚でした。アルバイトの確保がだんだん難しくなってきており、長期連休では平気でみんな休みを取ってしまいます。何よりお店が …

cap-taiken
[食材の配達]腰痛で配達業務ができなくなった

おもに学校給食につかう食材を、学校に納入する仕事です。 営業職として入社しましたが、人手が足りないときは2t車にのって配達もしていました。 学校給食は決められた時間内に、たくさんの人数を作らなければい …

cap-taiken
[バスガイド]仕事でもプライベートの時間でも常に勉強

以前はバスガイドをしていました。仕事柄時間も不規則で忙しい時期は本当に寝る時間もありませんでした。しかし、色んな場所に行くことが出来て、沢山の人に出会う事ができるので、本当に自分が頑張った分だけ、感謝 …

cap-taiken
[フリーペーパー制作]ハードワークで家庭が崩壊寸前

前職はフリーペーパーの企画、制作をしていた会社でとにかくハードワーク。 広告の営業をし、紙面の企画を行い、そして発行の管理を行う。当然締め切りがあるので、締め切りまでに業務を完結させなければならない状 …

cap-taiken
[私立大学教授]生徒の親や就職先からのクレームが多すぎる

私立大学で国語学を教えていました。 毎年担任をし、校務分掌では入試や就職といった外周りの多い部署にいました。担任だと真夜中まで事実上仕事が続き、就職の外周りでは土曜日も出ました。しかも、超過勤務時間の …

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[事務]コピーとお茶くみの単調作業にやりがいを感じなくなった

最初に就職した会社なのですが、男尊女卑の古い体質の会社で女性がまともに仕事を任せられる事は皆無でした。仕事というのはコピーとお茶くみ程度。後は会議の準備と片付け位でしたね。 勤務時間は朝9時から午後5 …

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[旅行会社]お局様のような人と1日中カウンターで仕事

退職した会社での仕事は主にカウンター販売であり、さらにはティッシュ配りなどいろいろなこともしていました。 労働環境はとても悪く、残業が毎日のようにあり、しかし残業代はほとんど出ないといった状況でした。 …

cap-taiken
[営業]上司の人柄が変化しストレスを感じた

私は写真業界へ現像機や現像液を売り込む営業マンをしていました。 主に既存顧客へのアプローチや新規顧客開拓業務も含めた営業業務です。 営業は各営業所にもよるのでしょうが、所長の人柄によってまったく環境が …