みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[配置薬の営業]働く気がなく、無職で資格取得のために勉強中

      2015/07/11

ペンネームにだお さん
性別男性
年齢20代
最終学歴大学院卒業
退職した時期2012/1/1
現在の状況資格を取りながら無職生活を送っています。
退職した会社または業種配置販売業
退職前の年収300万円
その業界への就職どちらでもない
退職した理由ノルマ未達による、自己適正の見直しの為

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

面接の段階で、成績が残せなければやめてもらうと示唆される厳しい仕事でした。職種は営業職で、配置薬の新規開拓と、既存顧客のルート営業になります。また、ルート営業時は、新規の栄養補助関係の商品の提案がメインとなり、ノルマもあります。

入社後は、みなし労働時間制にともなう長時間勤務に加え、ノルマ未達時の成績状況に追われ、休日出勤などもありました。人件費が高くなると揶揄される事を恐れ、タイムカードをつけない従業員もいます。その分、ノルマ達成時の業務に対する達成感はとても高く、営業の喜びを感じる意味では、最高の仕事であるという面はありました。

社内での地位も営業成績を達成するごとに高くなり、そのような状態時は、顧客に対し魅力的な提案ができている事の証左ですので、顧客にも感謝され、大きなやりがいを感じる事ができます。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

退職前は、営業成績の不振による圧力と自己責任感の負担増大により、精神的に病を発する可能性がある状況でした。
あまりポジティブな理由による退職ではない為、退職そのものを肯定する気持ちはありませんが、退職せず業務を続けていたという仮定との比較を行う場合、退職して良かったと判断せざるを得ないのが実情となっています。

このような状況の場合、どちらでもないと評価したいところですが、現在の状況はあまり良くはないものの、将来に対する希望が持てている状態ですので、退職前の業務について失敗を繰り返す先にある将来を想定した場合、改善措置の取りようがなく、精神を病んでいたであろうという状況を過程し、比較するとやはり退職して良かったと評価せざるを得ないと判断しました。

退職・転職活動のエピソード

転職後も私は入退社を繰り返しています。やはり退職後の苦労する点は収入にあります。退職経験は豊富にある為、特段退職に対して驚くべき事態ではないですが、やはり苦労はします。

これからの展望

無職でいいので別に働きたくはないです。
正確には、働く事そのものは嫌いではないですし、好きですが、誰かに怒られて耐える事を美徳として仕事をしたいとは思わないです。そういう人間は、およそ人間とは呼べないでしょう。軍人精神とでもいう、情けない日本の滑稽な文化であると考えています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[スーパーマーケット]転職先もスーパーマーケット

食品系スーパーに勤務していました。鮮魚部の現場です。仕事は多岐に渡りますが、何でもやる必要があります。そうでもしないと売り場が回っていきません。 魚の調理・パッキング・売り場の声掛け・発注・予算管理・ …

cap-taiken
[Webクリエーター]残業が多く自分の時間が持てず、フリーランスとして独立

退職して良かった点は以前より仕事のコントロールができるようになり、残業時間が少なくなった事と自分の時間を持てるようになった。以前は一週間仕事ばかりで終わっていたので家に帰っても寝てまた仕事場に行くこと …

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[看護助手]患者様との別れが多く、介護をする自信がもてない

看護師の指示のもと、患者様のケアをします。 食事の配膳、食事介助、入浴介助、下の世話が中心です。 他には容態が悪くなった患者様のお部屋の移動等も行ったり、検査が必要な患者様の検査室への案内、ベッドへの …

cap-taiken
[流通]得意先の言いなりになっていて、いい環境じゃなかった

休みが殆ど無くて、ノルマがもの凄くキツかったです。しかも、会社の規模が小さくて、得意先の言いなりになっていた感じでした。酷い時には今から納品に来いと電話が来て夜の9時に納品に行った事が有りました。あま …

cap-taiken
[婚活アドバイザー]常に仕事の焦りとプレッシャーを感じた

本社ではなく、支社だったので、その地方全体を統括する立場でした。統括するといっても、その地方で1人の社員だったので細かい作業から大掛かりなイベント、パート・アルバイトのことなど、全てのその地方の業務を …

cap-taiken
[エンターテインメント業界]夫婦二人三脚で起業

大卒でエンターテインメント関係の大手企業に就職、長いことエンターテインメントの現場で仕事をしていました。 30代で退職したのですが、その半年ほど前に異動になり、新しい現場での仕事についたばかりでした。 …

cap-taiken
[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くこと …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[介護福祉]給料が低いため生命保険営業に転職

福祉施設での生活相談員。