みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

      2015/07/12

ペンネームこうじ さん
性別男性
年齢30代
最終学歴高卒
退職した時期2012/10/1
現在の状況自営業である蕎麦屋をしています。
退職した会社または業種消防士
退職前の年収450万
その業界への就職オススメできる!
退職した理由家業を継ぐため

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。

仕事内容は、消火活動をしたり救急活動や救助活動、防災の予防活動をするのが主ですが、訓練活動もしなければなりません。

この訓練活動は結構厳しいものがありました。腕立て伏せや腹筋、走り込みなどで体を徹底的に鍛えて体力をつけ、危険な場所でも冷静にいられるように上司からの厳しい指導のもと毎日訓練をしました。私はこれによって精神的にも肉体的にも鍛えられましたね。ただ、この仕事をずっと続けていくのは私では難しいと思うようになりました。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

消防士として働いてみてよかったと思うのが、仕事の厳しさを覚えられたことです。肉体的にも強くなったのもありますが、精神的に強くなれたというのが大きいです。厳しい環境でも耐え抜くために上司から厳しい指導をしてもらいました。また、仲間ができたのもよかったですね。

家業を継ぐために仕事をやめましたが、蕎麦屋としての仕事も楽しいです。そば打ちに体力はいるので消防士として体を鍛えていたのが役に立ちましたし、精神的に強くなったことで商売をする難しさに対するストレスやプレッシャーにも耐えられました。ですから消防士として仕事していたことは無駄ではなく、今の仕事につながっていると思いました。

退職・転職活動のエピソード

転職しても、仕事の基本は一緒なんだと驚きましたね。人の役に立つことが大切だと思います。

これからの展望

蕎麦屋としてお客様を喜ばせていきたいです。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[テーマパークの管理]頑張っても昇給がなく給料も異常に安い

仕事内容はテーマパーク内の遊具と呼ばれる器具の受付、メンテナンス、雑務です。夏場にはテーマパーク内の草刈りなども行っていました。 勤務時間朝の8時から夕方の6時までとなっていましたが実際には夜10時く …

cap-taiken
[お菓子の販売員]店長からのパワハラに耐えられなくなりました。

お菓子の対面販売、発注などお店の業務全般をしていました。 勤務時間は基本的に8時間でサービス残業はなしでした。残業代はしっかりつきました。ですが時間数制限がありましたので上手くシフトを組んで極力残業は …

cap-taiken
[スーパーマーケット]転職先もスーパーマーケット

食品系スーパーに勤務していました。鮮魚部の現場です。仕事は多岐に渡りますが、何でもやる必要があります。そうでもしないと売り場が回っていきません。 魚の調理・パッキング・売り場の声掛け・発注・予算管理・ …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[家電メーカー営業]コピーライターに挑戦

家電メーカーの営業

cap-taiken
[事務]刺激のない平凡な毎日でやりがいを感じない

仕事内容は、タイピング、事務所の管理、コピー、コンピュターでの書類の作成などをしていました。仕事は、8時間、残業はほぼなしでした、もし残業をしていたら係長から帰りましょうと言われていました。 私自身や …

cap-taiken
[婚活アドバイザー]常に仕事の焦りとプレッシャーを感じた

本社ではなく、支社だったので、その地方全体を統括する立場でした。統括するといっても、その地方で1人の社員だったので細かい作業から大掛かりなイベント、パート・アルバイトのことなど、全てのその地方の業務を …

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[生命保険の営業]ノルマのプレッシャーにストレスを感じ転職しました

退職してよかったと思う理由は、まず保険の営業のプレッシャーから解放されたことです。契約が取れないと上司から契約からはっぱをかけられてすごいストレスを感じていました。今の仕事は工場のパートの仕事なので営 …