みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[電機業界での営業]安定した医療業界に転職

      2015/07/17

ペンネームマルス さん
性別男性
年齢30代
最終学歴大卒
退職した時期2012/7/1
現在の状況医療業界に転職
退職した会社または業種電機業界
退職前の年収380万円
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由景気に左右され過ぎる

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

電機業界での営業として働いていました。主な内容は工場などに足を運び機械設備などの部品の注文を取ってきたり、大きな話であれば設備製作ごと取ってくるような仕事でした。

もともと付き合いのあるお客様を先輩から譲り受けるため、人間関係というのは非常に大切でした。どうしても過去の担当者と比べられてしまうため、善し悪しがあるなと感じることがありました。それでも過去の流れでそのまま注文となる商品もたくさんあるため、自分の力だけですべてやっていかないといけないということは、ありませんでした。

土日は完全に休みでしたが、現場での工場等が入るとどうしても休みの日に設備を止めるようになるため、土日に働く必要がありました。しかし代休もとることが出できたため、そこまでガッカリすることもありませんでした。ただ、毎日夜は10時頃まで仕事をするのは当たり前でした。

退職してよかったと思いますか?

どちらでもない

その理由を教えてください

電機業界は景気に非常に左右されます。いくら営業を頑張っても景気が悪くなるとどの会社も設備投資は控えてしまいます。そうなると我々の商売は上がったりの状態でした。

リーマンショック後では設備投資は全くなくなってしまい、結果私の会社も業績が悪くボーナスもろくに出ない状況でした。かといって調子が良くなったからといってボーナスがすぐに増えることもありませんでした。

たまたま私のお客様に医療業界の会社がありました。話を聞く限り医療業界というのは景気にほとんど左右されません。なぜなら景気が良かろうが悪かろうが患者は増える一方なのです。

急激に伸びることはありませんが、一気に減ることもありません。こんな安定した業界は他にはないと思い医療業界に飛び込むことにしました。確かに給料面、ボーナス面では安定していますが、病院の方に営業に行くとみんな自分の天下のような状態で非常に苦労しています。

退職・転職活動のエピソード

営業担当の時に知り合った方との繋がりで転職をさせてもらいました。この方法の場合、後々辞めたくても辞められないしどうしようもなくなることを痛感しています。

また、退職時には次の会社に関して社内の上の人間から探りを入れられており、やはりお客様との繋がりでこういったことをすると後々めんどくさいことになるなと反省しています。

これからの展望

正直一生は難しいなと感じています。しかしそう簡単に辞める訳にもいかないため、ひとまずはこのままの立場で頑張っていくつもりです。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[病院の受付]体調があまり良くなかった、結婚がきまっていた

勤務時間は、朝8時15分から17時15分の8時間勤務でした。 仕事内容としては、総合病院の外来クラークとして、内科の受付を担当していました。内科に受診される患者さんの受付から、カルテ準備、呼び出し、案 …

cap-taiken
[事務]刺激のない平凡な毎日でやりがいを感じない

仕事内容は、タイピング、事務所の管理、コピー、コンピュターでの書類の作成などをしていました。仕事は、8時間、残業はほぼなしでした、もし残業をしていたら係長から帰りましょうと言われていました。 私自身や …

cap-taiken
[スーパーマーケット]転職先もスーパーマーケット

食品系スーパーに勤務していました。鮮魚部の現場です。仕事は多岐に渡りますが、何でもやる必要があります。そうでもしないと売り場が回っていきません。 魚の調理・パッキング・売り場の声掛け・発注・予算管理・ …

cap-taiken
[ホームセンター勤務]ノウハウを生かし、将来はIT関連の職に就きたい

私が従事した職場は、基本的にホームセンターの日用品コーナーの売り場です。私が働いていたホームセンターの店内は、多くの商品を取り揃えていて、様々な商品が展示してある事で広々とした空間で働ける環境でした。 …

cap-taiken
[プラチスック部品メーカー]仕事にやりがいを感じれず退職

営業マンとして自社で作るプラスチック部品を売り込んでいました。最終製品ではないためになかなか売り込みをするのも難しく、文系の人間ではありますが必死に勉強をしてプラスチックについての特性や使われ方などを …

cap-taiken
[土木作業]肉体的に限界を感じた

土木作業の仕事を前にしていました。仕事は朝早い時もありますし、遅い時もありました。また、土日は基本的に休めていたのですが、繁忙期になるとぶっ続けで作業だったこともざらでした。 仕事内容は下っ端だったの …

cap-taiken
[消防士]家業の蕎麦屋を継ぎ、お客様を喜ばせたい

消防士の仕事は、24時間勤務をしたあと非番日、週休日と24時間勤務というのが繰り返さていました。これはいつ緊急の事態が起こるかわからないからです。仕方のないこととはいえ、大変でした。 仕事内容は、消火 …

cap-taiken
[電機メーカー]やりがいがあり楽しかったが主人の転勤のため退職

働いていた会社は一言でいえば私には合っていました。何故なら、言いたいことは上司にも社長にすらも直接言うことができたからです。 やっていた仕事と言うのは、ディーラーさんから来る注文の注文書を作ったり、そ …

cap-taiken
[旅行業]お酒を飲んでも仕事のことが忘れられず夢にまででてきた

会社の雰囲気は基本的に良いのですが、いわゆる団塊世代の副社長が同じフロアにいて、分煙が当たり前の世の中になっているはずなのに、仕事中に自分のデスクでタバコを吸ったりと、それは臭くて耐えられませんでした …

cap-taiken
[エンジンパーツの製造]仕事量の減少による解雇予告

自動車等のエンジンパーツの製品加工の作業員として、工場勤務をしていました。 現在の社会で、よく見かける輸送車両等の部品ではない部品加工の作業でした。作業環境は、一流と言われる企業ではなく、零細企業とし …