みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[トラック運転手]拘束時間が長く毎日寝不足で居眠り運転が不安だった

      2015/07/03

ペンネームchako さん
性別男性
年齢30代
最終学歴高卒
退職した時期2006/8/1
現在の状況独立してウォーターサーバーのメンテナンスの自営業を営んでいます。
退職した会社または業種運送業
退職前の年収400万円
その業界への就職オススメできる!
退職した理由拘束時間が長いこと、残業が毎日5-6時間は当たり前だったこと、事故の危険を感じたことです。給料面では大きな不満はありませんでした。

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

とにかく仕事が忙しい。結婚したのですが、仕事のために夫婦の時間が取れず、新婚なのに家に帰ってくると疲れてすぐに寝てしまう毎日。トラックの運転で、朝は5時からであり、帰宅は夜10時になることもしばしばでした。

仕事自体は気楽で職場の人とも仲良くしていましたのでその場に居づらいとかということはなく、楽しく仕事ができました。しかし、朝早く、帰りが深夜という生活、そして祭日などの休みも出勤になってしまうときもあったこと、そしていつも睡眠不足で眠い生活でしたので居眠り事故の危険など心配なことが重なり、このままでは家庭も自分自身も事故で大きなことをやってしまうのではないかという不安から退職することを考え始めました。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

自営業に転職して時間を自由に取れるようになりました。休みたいときには自分で段取りすれば1週間ほどは問題なく休むことはできるし、夫婦で出かけたり、旅行に行くことができるようになりました。以前は新婚なのに全くこうした時間を取ることができませんでしたので嬉しいです。

事故の危険に関しても、慢性的な睡眠不足から解消されて、朝は7時30分出発で間に合いますし、帰りも夜7時くらいには戻れるようになりました。

そして給料に関してですが、毎月変動があり、安定はしていませんが、それでも以前の所得より少し少ないくらいでそこそこ稼ぐことができていますのでまずまずです。ボーナスなどはありませんし、仕事をやった分だけもらえるという生活ですが、むしろこのような生活の方が自分には合っているようで、ある期間は集中的にやって、それ以外は休んだりして自分の趣味に時間を当てたりすることができています。

退職・転職活動のエピソード

この転職に関しては運送の仕事で悩んでいるときに、たまたま会った友人から誘われたことがきっかけでした。ウォーターサーバーのメンテナンスができる人を探していること、個人事業主という立場でできるというものでした。

仕事は季節によって多くなったり、少なくなったりするが、そこそこの仕事は定期的に用意することができるということでしたのでやってみることにしたのです。タイミングがよく、ちょうど転職を考えていたのでぴったりだったのです。1週間の講習と実技でメンテの仕方を覚えました。

これからの展望

今後に関してはとりあえずこの仕事を続けていきたいと思っています。仕事量の増加を望むのは難しいとは思うのですが、自分である程度予定を立てながら仕事ができるというのはありがたいことですし、夫婦の時間や自分の趣味をすることができるので気に入っています。 あまり先のことは考えず、問題が起きたらその時に対処するような感じで考えています。ですが、ウォーターサーバーの仕事は比較的安定していますし、これからも需要があると思っています。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[電機メーカー]やりがいがあり楽しかったが主人の転勤のため退職

働いていた会社は一言でいえば私には合っていました。何故なら、言いたいことは上司にも社長にすらも直接言うことができたからです。 やっていた仕事と言うのは、ディーラーさんから来る注文の注文書を作ったり、そ …

cap-taiken
[DTPオペレーター]今よりもっと上を目指したいという向上心がある

以前の職場は印刷会社でDTPオペレーターとして勤めていました。 少人数の家族経営、小さな会社だったので雰囲気はアットホームでわきあいあいとしていました。自分はそのような雰囲気が割と仕事をしやすかったで …

cap-taiken
[ライター業]人間関係に疲れてしまい退職しました

地域に発信する情報誌を編集・発行する仕事で、それに掲載する記事の取材や執筆活動を行っていました。 勤務時間は午前9時から午後5時までと長くはなかったのですが、持ち帰りの仕事が多く、帰宅後原稿を書くこと …

cap-taiken
[通信販売事業の社長]親会社が見当違いの介入ばかりして嫌気がさした

大手の産業機器系の会社に入社し、その子会社(通信販売事業)に社長として出向しました。 仕事自体は社長でしたので、事業運営全般で、販売促進から宣伝広告、コールセンターの運用、商品の開発、通信販売システム …

cap-taiken
[製造業]独立してラーメン店を開業するために修行中

退職した会社での仕事は、製造業でライン作業をしていました。内容的には、樹脂を溶かしてフィルムに貼る仕事です。 ライン作業なのできっちりと機械のように同じ動きの繰り返しを毎日続けていました。しかも、24 …

cap-taiken
[コールセンター]結婚を機に退職しました

いろいろな企業に変わって電話業務を代行する、コールセンターでスーパーバイザーをしておりました。 支社内だけで、15の企業の代行をしておりましたので。部署の移動掛け持ちをすることも多かったです。 その都 …

cap-taiken
[イベント企画]福利厚生はほとんどなく、土日もサービス出勤

以前勤めていた会社は田舎のイベント会社で社員も20名程度。福利厚生はほとんどなく、土日も仕事によってサービス出勤。朝は9時から夜は深夜までの勤務でした。車は全て自家用車を利用し、ガソリン代の支給程度。 …

cap-taiken
[アルミの網戸の製造]仕事の拘束時間が長く、給料も安い

基本的にはアルミの網戸を製造していました。同じような仕事の繰り返しになってしまうので、どうしても気が緩んだりすることもあります。私の仕事は加工だったため、機械にアルミ材を入れて加工していくことが多かっ …

cap-taiken
[病院の受付]体調があまり良くなかった、結婚がきまっていた

勤務時間は、朝8時15分から17時15分の8時間勤務でした。 仕事内容としては、総合病院の外来クラークとして、内科の受付を担当していました。内科に受診される患者さんの受付から、カルテ準備、呼び出し、案 …

cap-taiken
[外資系証券会社に勤務]仕事のやりがいはありますが複雑な人間関係

退職を決める前は、複雑な人間関係と膨大な仕事量のために精神的にかなり参ってしまい体重が10キロ以上落ちてしまい鬱病になる一歩手前の状態でした。夜もあまり眠れず身体が常にだるい状態が長期に渡って続いてい …