みんなの退職・転職体験談

退職するときってすごく悩みますよね。退職・転職活動はどうやったのか、そして退職の決断は正しかったのか?退職活動の裏話など、みなさんの退職・転職活動の参考になればと思います。

[事務]社長からのパワハラ・先輩からのいじめ

      2015/07/17

ペンネームもか さん
性別女性
年齢20代
最終学歴獨協大学
退職した時期2009/6/1
現在の状況ニート兼フリーランスのような状況
家でデザインやライティングの仕事をしています
退職した会社または業種事務・データ入力
退職前の年収240万円
その業界への就職やめたほうがよい
退職した理由社長からのパワハラ・先輩からのいじめ・過労・サービス残業の多さ・仕事内容があまりにも無意味、むしろ世間にとってマイナスだったから

PC用アドセンス

働いていた職場での仕事・環境について教えてください

従業員15名ほどの小さな印刷会社で働いていました。私は主にお茶出しなどの雑用とデータ入力などの単純作業を担当していました。勤務時間は朝8:00~夜10:00くらいですね。土曜日は第二・第四土曜日は出勤で日曜日は休みでした。でも忙しい時期になると土日も出勤を強要されました。

やりがいですが、芸能関係の書籍のデータ入力に携わっていたので、芸能事務所とやりとりすることもあり、少しだけミーハーな心が刺激されました。一応書籍を出版していたので、本屋さんに自分の会社の本が並んでいるのを見ると、嬉しかったです。

その本は全く売れず、大赤字だったのでその嬉しい気持ちもすぐに吹き飛んだわけですが…。また、私はデータ入力でしたが、同じ職場にDTPデザイナー兼オペレーターがいるので、その人達の仕事をみるのも少し楽しかったです。デザイナーに憧れていたので。

退職してよかったと思いますか?

辞めてよかった

その理由を教えてください

本を出版していたのですが、その本が本当に駄目な本で、作っていて嫌になりました。他社のパクりなのですが、ちゃんとパクるわけでもなく、劣化版といった感じで、当然全く売れませんでした。あまりにもパクりすぎていて、パクリ元の会社から訴えられて裁判もしていました。

社長が言うにはその会社とは和解したそうですが、実際、どうなのかはわかりません。パクり本とは言っても、データをそのまま盗んだりはしていませんでした。アイデアをそのままパクっていますが、実際、本を作るためのデータは自分達で集めていました。ですからパクリ本ではあっても作るのはそれなりに大変でした。

締め切り前の半年くらいは土日もなく、朝から晩までギスギスした雰囲気のなか、やりがいのない単純作業を続けました。頭がおかしくなり、退職しました。

退職して2年くらい休んで、やっと以前の健康な自分に戻れた気がします。睡眠不足とストレスは本当に人を壊すと思います。

退職・転職活動のエピソード

退職したいと最初に社長に相談した時はなんだかわかりませんが止められました。それは会社に入って10ヶ月目くらいの時だったと思います。

よくわかりませんが、私も社長(40代男性)も泣いていました。今思うと意味がわかりません。「君は頑張ってる。〇〇さんも君が成長したと言っている。感動した。」みたいなことを言って感極まって社長は自分で泣いていました。

私はその頃、わけもなく涙が流れるほど、常にストレスを感じでいたので、無意味に泣きました。
会社全体が、ヒステリックだった気がします。異様な空間でした。その後、やっぱりパワハラ・いじめ・長時間勤務に耐えられず、3ヶ月後にちゃんと事前に周りの人に相談して辞めました。

今思うと、あの会社は1週間で辞めるべきだったと思っていますが、10ヶ月で辞めるよりも、1年1ヶ月で辞めたのは良かったかもと思いました。

正社員で1年以上働くと、失業保険も出ますし、その後DTPスクールに通ったときは10万円の補助金も出たので。

これからの展望

会社で働くのが怖くなったため、ここ5年くらいは家でデザインやライティングの仕事をしています。会社をやめたあと、DTPスクールでPhotoshopやIllustratorやフォントの勉強などをしました。

親も理解してくれています。しかし、将来に不安はあります。今は年収80万円ほどしかありませんから…。でももう今更就職もしたくないし、出来ないと思うんです。ほとんど家から出ないので、新たな人との出会いもありません。だから、結婚や出産は諦めています。自分が生き延びることで精一杯です。

一度レールを外れてしまったわけだから、いっそのことわがままに生きようかなと思っています。普通の幸せはもう無理ですけど、趣味に生きようかなと。好きなことをすると言うよりも「嫌なことをしない」という生き方です。人と比べなければ、結構幸せな生き方です。

とりあえず、もっとたくさん稼げるように、スキルアップしたいなと思います。今はネット上でできる仕事が多くなり、助かってます。これからもネットでデザインやライティングの仕事をしていきたいです。

PC用アドセンス

PC用アドセンス

 - 退職・転職 体験談

  関連記事

cap-taiken
[タウン情報誌の制作]目的は自分自身のスキルアップ

札幌市にて札幌の飲食やイベント情報などを掲載するタウン情報誌の編集をしていました。雑誌の企画から考え、取材するお店にアポイントを入れて、取材・撮影に訪問します。そこでの話を元に記事を作って紙面を構成し …

cap-taiken
[電機メーカー]やりがいがあり楽しかったが主人の転勤のため退職

働いていた会社は一言でいえば私には合っていました。何故なら、言いたいことは上司にも社長にすらも直接言うことができたからです。 やっていた仕事と言うのは、ディーラーさんから来る注文の注文書を作ったり、そ …

cap-taiken
[介護福祉]給料が低いため生命保険営業に転職

福祉施設での生活相談員。

cap-taiken
[登録派遣社員の労務管理]退職後の開放感に浸りたかった

登録派遣社員の労務管理及び、新規クライアントの開拓営業を行っていました。派遣社員への面接及び、事務手続きも担当します。 労働時間は営業成績によって大きく左右します。営業成績があまり振るわない時は、夜遅 …

cap-taiken
[フリーペーパー制作]ハードワークで家庭が崩壊寸前

前職はフリーペーパーの企画、制作をしていた会社でとにかくハードワーク。 広告の営業をし、紙面の企画を行い、そして発行の管理を行う。当然締め切りがあるので、締め切りまでに業務を完結させなければならない状 …

cap-taiken
[旅行業]お酒を飲んでも仕事のことが忘れられず夢にまででてきた

会社の雰囲気は基本的に良いのですが、いわゆる団塊世代の副社長が同じフロアにいて、分煙が当たり前の世の中になっているはずなのに、仕事中に自分のデスクでタバコを吸ったりと、それは臭くて耐えられませんでした …

cap-taiken
[食材の配達]腰痛で配達業務ができなくなった

おもに学校給食につかう食材を、学校に納入する仕事です。 営業職として入社しましたが、人手が足りないときは2t車にのって配達もしていました。 学校給食は決められた時間内に、たくさんの人数を作らなければい …

cap-taiken
[塗装]完全日給に不安を感じ、月給の飲食店に転職

高校卒業と同時に塗装関係の仕事をしました。朝8時から夕方は現場によってバラバラでした。 仕事内容は店舗内の塗装工事やお客さんの自宅の外装塗装でした。入ってすぐは塗ることはさせてもらわれず職人さんの雑用 …

cap-taiken
[旅行会社]お局様のような人と1日中カウンターで仕事

退職した会社での仕事は主にカウンター販売であり、さらにはティッシュ配りなどいろいろなこともしていました。 労働環境はとても悪く、残業が毎日のようにあり、しかし残業代はほとんど出ないといった状況でした。 …

cap-taiken
[配置薬の営業]働く気がなく、無職で資格取得のために勉強中

面接の段階で、成績が残せなければやめてもらうと示唆される厳しい仕事でした。職種は営業職で、配置薬の新規開拓と、既存顧客のルート営業になります。また、ルート営業時は、新規の栄養補助関係の商品の提案がメイ …